冷えとりを始めて足元をあたためることがとても気持ちいいこと、

冷えとりをしていれば多少体に毒のある生活をしても、

排毒してくれるという安心感をからだが覚えてしまい、

その心地良さにめんどくさがりやのこの私でも、5年続けてくることができました。

からだを冷やすことは、からだにとって何もいいことがないとわかり、

自分のからだのことを改めて考えさせてくれることに気付かせてくれた

冷えとりというものに出会えて、本当に良かったなぁと感じています。

色々な健康法などが紹介されても現れては消え、現れては消えと

それに振り回されてしまいがちだったのですが、

この冷えとりは私にはしっくりとこころにもからだにも馴染んでくれました。

でも、私の場合がっつり冷えとりしているかと言えば、そーでもない。

今の寒い時期でも重ね履きは4枚。レギンスも2枚重ね。

それでも自分はとても心地いいので、これからもそのスタイルでやっていこうと思います。

基本的にはシルク+綿(ウール)の組み合わせだけど、

からだをあたためる事がとても大切だと思うので、最近は

それにあてはめず、自分の好きな方法でからだをあたためたらいいのかなと思っています。

でも大事なのは肌に直接触れる物はできるだけ天然素材のものを

身に着けたほうがいいということ。

化学繊維の靴下、肌着をいくら重ねても、からだは喜んでくれません。

汗を沢山かく足裏は、蒸れ、その汗でさらにからだは冷え、心地いいどころではありません。

からだをあたためる目的からとてもはずれてしまっていますよね。

シルクはとてもあたたかい素材の一つでもあり、冷えとりでもシルクを身に着けることで

からだの毒素を排出する役割があるのでおすすめしていますが、

私がもっぱら身に着けているお気に入りのアイテムは竹布(たけふ)です。

竹布の存在を知り、あまりにも心地良すぎる着心地にレギンスはこれしか最近は履いていません。

重ねて履くときも、肌に触れる部分は絶対に竹布!!

肌に優しく寄り添ってくれるこの竹布。竹からできているとは思えないほど。

コットン、ウール、シルク、麻、など自然素材の繊維とは全く違った質感です。

触った瞬間に、「うわ~気持ちいい~」と絶対に唸るさわり心地とあたたかさ!

”シルクを身に付けなきゃ冷えとりじゃない”なんて思わないで、

この竹布を是非冷えとりの仲間に加えてみてください(*^-^*)

冷えとりに関心はないという方でも、冷えとりと言う言葉にとらわれず、

純粋にただからだをあたためることを目的として、この竹布が絶対に役に立ってくれる

存在であると私は本当に信じています。

一度にすべてのものを買いかえるのは大変なので、これは!と思うアイテムから

少しずつ取り入れていってはいかがでしょうか(*^-^*)

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

10月20日(土)は 11:00~16:30まで営業いたします

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

10月14日(日)ルポゼ白馬さんでのナチュラルスタイルに出店いたします