親しい人との気持ちのやり取りの方法は、

今はライン、メールなど目と目を見て伝え合わなくてもなくてもいい

便利なツールが沢山あります。

直接会って言葉を交わせない場合、

このようなツールを使ってやり取りするのですが、

親しい人とすればするほど、話の内容によっては

言葉の使い方や、伝え方がとても難しいな・・・

と感じる経験がありました。

何気なく発した一言が、相手を目の前にして言ったのか、

スマホの画面を間に挟んでやり取りしているのか、場面が違うだけで

相手の受け止め方に微妙な違いが出てきてしまう・・・

相手を目の前に一対一で発する言葉は、

相手の気持ちをくみ取りながら伝えることができる。

どんなふうに思っているのかな、どういう風に感じているかな、

その時の流れを感じることで自分の思いを伝える。

でも、ラインやメールではその空気感を感じながら

思いを伝えることはとても難しい。

しかもとても微妙な言葉の言い回し一つで。

何気なく発したその一言でもしかしたら

相手は傷つくかもしれない。

怒ってしまうかもしれない。

でも逆に感謝されることもあるかもしれないけど。

自分は楽観的に捉えられる言葉も

相手にとっては不快な言葉であったり。

声で伝え合うか、文字だけで伝えるのか。

ラインやメールは時にはとても便利だけど

込み入った話をするのはやっぱり

電話か、直接目と目を見て。が理想的だなぁ。

ラインやメールが苦手だなと思う出来事でした。

でもそう言いながらもおしゃべり好きではないので、

(話を聞く方が好きです)

結局その便利なツールに縋りつく自分もいるのですが・・・

あ~難しい。

そんな経験皆さんにはありませんか???

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

ただ今「アトリエふわり展」を開催中です