冷えとりを始める前の事ですが、ごはんは

お腹いっぱい食べるのが幸せ(*^-^*)と思って生きてきました。

それが、冷えとりに出会ったとき、腹八分目がからだには

優しいことなんだ、大切なことだと勉強しました。

お腹いっぱい食べることは逆にからだには不幸せなことなんだと。

でもでも、いざそれを実行するとなると・・・

これが思いのほか大変m(__)m

食べちゃうんだなぁ~、腹いっぱい。

でも、冷えとりをするようになって食べ過ぎると

調子が悪くなるように。風邪をひいたわけでもないのに

咳が止まらなくなったり、唇が荒れて皮がむけてしまったり。

何回か繰り返すたびに、もう同じ失敗はしないぞ!

と、腹八分目を決意するのですが、

これもまたできないm(__)m

なんて意志の弱いわたくし。

食べる物に困らなくなった今の時代。

基本的に人間は物を沢山食べ過ぎているそうです。

それが、今の生活習慣病や、がん、などなど

いろいろな病の原因になっているとも。

医学も進歩していろいろな病気を治す技術も発達していますが、

それよりなにより病気にならない生活を心がけることが

これからの時代は大切になってきていると感じます。

予防医学です。

風邪をひいたときは、ごはんをもりもり食べて

栄養をつけて、と思われがちなのですが、

実はこれは間違いで、食べない方が回復力が早いそうです。

風邪を治そうとからだの中の細胞は活発に活動しているのに、

そこに食物が入ってくることによって、

消化にエネルギーを使ってしまうので、治す力が弱まってしまいます。

お腹すいたな~ってからだが思うまでは、

無理に食べる必要はないのです(*^-^*)

お腹すいたなぁ~と感じて食べるご飯は、

からだだけじゃなくこころにも優しく染みわたります。

今年も腹八分目、頑張ります💪

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

6月20日は展示会準備の為休業いたします

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

6/21~26までかんてんぱぱ安曇野店にて出張販売、クネクネくつ下さんのニットの受注会を行います