昨日は豆まきしましたか?

私も節分で、見えない邪気を追い払い、なんだか清々しい気分です(*^-^*)

なるべく日々の生活で、マイナスな言葉を使わず、

美しく、良い言葉を使う事で清らかな空間を保てるよう、

意識していこうかな、と最近は思います。・・・が、

これもまた腹八分目と同じように難しい事で。

夫、子供に対する不満、文句。その他もろもろ・・・

感情的になってしまうこともありますね~(^_^;)

でも、それも家族だからこそ言える事、言わなければいけない事も

ありますからね。全部を我慢することは不可能なので、

少しで減らせるようがんばろう💪

話は変わり・・・

立春を過ぎると、少しづつですが春の足音が聞こえてきます。

ふきのとうが雪の間から顔をのぞかせたり。

見つけるとぽっと明るい気持ちになりますよね~。

そう、ふきのとう⇒苦い、その苦みに加齢とともに弱った

心臓を丈夫にする作用があるのです。

心臓を強くし、血のめぐりを良くしてくれます。

ふきのとうに限らず春の山菜は苦みがあるものが多いですが、

強心作用、心筋梗塞、狭心症の予防にもなります。

子供の頃は、この苦みが苦手で食べられませんでしたが、

歳を取るにつれて食べられるように。

食べられなかったものが食べられるようになる。

それにもちゃんと意味があったのですね。

自分では心臓なんてまだまだ大丈夫なんて思っていても、

やっぱり知らず知らずのうちに、歳をとれば弱ってくるわけで。

からだが欲しているという事なのですね。

だから喜んで食べられる。うわぁーい。

最近は昔ほどふきのとうを見かけなくなったような。

どなたかふきのとう、取れすぎてこんなにいらないよ、と言う方は

私に恵んでください(笑)

では、「真冬にほっこり 手仕事のものづくり展」

本日は15:30までの短い営業になりますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

8日は営業致します。9~11日は休業致します

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

冬の展示 12/9~14かんてんぱぱ松本 12/20~25 かんてんぱぱ安曇野