海で、陸で大きな被害を及ぼしている

プラスチック汚染。

放っておいても決して土に還ることはない

プラスチック。

考えてみたら世の中には数えきれないくらい

プラスチック製品があるな…と

プラスチックは自然に還らないのはわかりますが

製造の際に添加されている酸化防止剤など化学物質も

半永久的に残留し、海などを汚し続けるのだそうです…

このままでは海洋生物の数をプラスチックが超える日も

近いかもしれません…

プラスチックは焼却方法が変わり

昔より二酸化炭素の発生を抑えることが

出来ていますが、それでもゼロになるわけではなく

プラの使い捨てが続く限り温暖化は進んで行って

しまうという事です。

海に流れついたマイクロプラスチックを食べた魚などを

私たちも口にすることになり…

結局自分たちが起こした行為は

返ってくるという事なんですね…

便利で機能的な商品が生まれ続けている反面で

このようなことが起こっていると

意識しながら生活している人は

私も含めまだまだ少ないのではと思います…

プラスチック製品の中でも

身近な存在のラップ。

今の生活になくてはならない存在です。

私も当たり前のように使っていました。が…

最近は、代わりにお皿や鍋の蓋を使ったり、

ラップも洗って再利用したり…(^_^;)

今回、工房木音さんにお願いをし、

実際におうちでも使っているという

蓋を兼ねるお皿を作って頂きました。

(お皿を兼ねる蓋かな?)

 

 

 

 

 

大きさは3種類。

大直径21cm 中17.5cm 小15.5cm。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけの作品を蓋としてだけの使い道に限定してしまうのは

とてももったいないのでお皿としても使えるのが

すごく良い点だなと思います。

 

 

 

 

 

これは小サイズ。

最近よく食べている塩けんぴを乗せて(*^-^*)

ふちに高さがあり、漆仕上げしていますので

汁気のあるものも盛り付けられます。

用途に合わせて、おうちのお皿のサイズに

合わせて1枚いかがでしょうか。

木は使っていくうちに風合いが変化していく素材です。

漆が剥がれて表情が変化していくのも

愛着が増すポイント。

変化を楽しみ、お食事も楽しんで頂けたらと思います。

ラップはとても便利なものであり、

その便利さに慣れてしまった日常の中で

全くない生活を実現するのはとても

難しいことだと思います。

時にはやはり頼ってしまうこともあります。

自然に還る素材でラップが出来たら

それはそれでいいのかもしれませんが、

それだけの問題ではないような気もしています。

ゴミを出さない、燃やさない生活も大切かなあと。

シンプルなデザインですが

飽きが来ないので長くお使い頂ける一品になると

思っています!

繰り返し使える天然素材に注目して頂き

一人一人が出来る事を継続して行っていく。

地球と、私たち、未来を担う子供たちの為に。

どうぞよろしくお願いいたします。

大 ¥2500+税

中 ¥2300+税

小 ¥2000+税

 

 

 

 

 

 

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

土日祝の発送はお休みです