木のカトラリー、調理具を作られている

工房木音さん。

 

 

 

 

 

 

佐々木圭治さん。

1993年に筑北村へ移住され、作家生活をスタート。

今年で27年になります。

奥様と二人三脚での作品作り。

奥様は試作品を実際に使い、

改良を重ね、より使いやすいものへ。

食卓周りの作品を60種類ほど作られています。

使用する材は信州産桜材。

木の香りが少なく、軽くて堅さがあり

とても丈夫です

ユニークなデザインは

お子様からご高齢の方まで使いやすい

ユニバーサルデザイン。

木工品は天然素材なので

経年変化がよくわかります。

長い時間かけて変化していく様子を

楽しんで頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品はほとんどが漆かオイル仕上げ。

口に入れても安心な素材を使用しています。

佐々木さんはオーダーにも答えて下さいます。

柄はもっと短い(長い)ほうが使いやすい、

こんなのがあったら便利だな~と思うようなものを

リクエストできます

世界でたった一つの自分オリジナルの作品を

手にすることができるのです。

60種類くらい作っていると言いましたが

そんなオーダーを含めるともっと種類は多いはず。

そのまま定番となったものもあり、

佐々木さんはそのようなオーダーは

自分の考えもしないものが生まれ出ることがあり

とても楽しいと言ってくださいます(*^-^*)

食は毎日のこと。

木のあたたかな風合いを日々のお食事に

取り入れてみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

10月26日(月)は搬出の為休業いたします

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

土日祝の発送はお休みです