先日より、木の雑貨を取り扱い始めました。

”木音”と書いて、もくねと読みます。

雑貨と言っても、日々の生活で使える

調理具やカトラリーなどです。

他にもいろいろ作っていらっしゃいますが、

今の所はこんなものを扱っています。

CIMG2297

作られているのは、筑北村にお住いの佐々木さん。

夫婦二人三脚で一個一個心を込めて作られています。

お友達の家で木音さんの作品を見たときに

なんて素敵なんだろうと思い、いろいろな方に是非使って欲しい!!

と思い、取り扱いをさせていただく事になりました。

使われている木材は、ここ安曇野の桜材。

桜の木はヒノキなどに比べて香りがほとんどないので、

食事の際に香りが邪魔をしないので

食器や調理具に適しているのだそうです。

地元の木を使って作られているところもgood。

とても身近に感じます(*^-^*)

CIMG2300

例えばこちらは、砂糖さじと塩さじ。

お砂糖やお塩の中に入れておくと、

木が湿気を吸ってくれて、固まる事がなくいつでもさらさら。

CIMG2301

こちらは、”これぞカレースプーン” 大と小

なんともネーミングがかわいいでしょ❤

一般的なスプーンに比べ、すくう部分が浅いので

ルーをきれいに最後まですくって食べることができます。(私愛用中です)

木なので、金属のものとは違いスプーンに熱が伝わりにくいため、

熱いものも「あちっ」とならずに食べられる。

これがとってもぬくもりを感じるところですよね。

カレーだけでなく、他の食べ物にも大活躍するはず!!

”これぞシチュースプーン”なんてのもあります(笑)

ちなみに大きい具材を乗せやすいようにできています。

CIMG2304

お子様用、赤ちゃん用のスプーンもありますよ(*^-^*)

出産祝いなどにも喜ばれそうですよね。

CIMG2310

こちらは、”も月シリーズ”と申しまして、

お月様がデザインされたペンダントです(これも愛用中)

お友達がデザインし、佐々木さんが作られたものです(*^-^*)

木は、人が使いこんでいくうちになじんできて

とても風合いのいいものに変わっていきます。

安くて使い勝手がいいものも世の中にはたくさんあって、

自分もお世話になっているので、一概に批判をするつもりもないけど

こういうものがひとつでもあるだけで、気持ちが

あたたかくなるんじゃないかなと思います。

こういうものこそ、これからの時代残していかなきゃいけない!!

本当に気に入ったものを長く愛着をもって使う。

なんだか歳をとるたびにそう感じることが多くなりました。

ここでは紹介しきれていないものも多数ありますので、

是非ご覧になってみて下さい!!

(私は、毎日使うお箸を是非作ってくださいとリクエスト

しています。意外と、お箸って単純作業で大変みたいです(*_*)

しかも、ちゃんとつかめるように作らないといけない。

なので、気長に待つことにしま~す)

ご来店、お待ちしております(*^-^*)

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

土日祝の発送はお休みです。