素肌にとても気持ちがいい、天然素材。

オーガニックコットン、竹布、シルク、リネン・・・

これらの素材を身に着けることで、からだだけでなく、

こころの負担まで軽くなるような衣類などをお店では紹介していますが、

それ以上にこだわってもらいたいなーと思うのが洗剤。

今は徹底的に白さを追求したもの、臭いを軽減させるもの、頑固な汚れを

簡単に落チンに落とせる合成性剤が幅を利かせています。

それらの洗剤は、一見とても便利で、毎日のお洗濯には価格もお手頃、気軽に使えるので

消耗品の一部として重宝されています。

ですが、が!が!

それらの洗剤は主に石油などを原料にして作られ、自然界には存在しない成分に変化させて

汚れを落とします。なので、排水された洗剤水は河川に流れ込み生分解されません。

それが環境汚染や自然破壊に繋がっています。

そして、合成洗剤はからだにも少なからず影響を与えています。

合成洗剤は、すすいでも成分が繊維に残り、肌トラブルの原因にもなっていることが。

近年流行している柔軟剤や、芳香剤は特に繊維に付着して、

そのまま肌に触れるので、とてもお肌には負担になります。

柔軟剤をやめたら、肌トラブルが無くなったなんて話はよく聞きます。

そして「香害」なんて言葉もあるくらい、周りの人も不快にさせてしまうこともあります。

合成洗剤は、からだや環境に悪いだけではありません。

天然素材にとっても負担になる洗剤なのです。

天然素材は、石油から作られる繊維ではありませんので、

石油から作られる合成洗剤との相性がとても悪いです。

それを使い続けることによって素材そのものの風合いが変化していってしまいます。

それも、繊維に洗剤が残ってしまうことから起こります。

繊維が固くなり、着心地も悪くなります。

ですので、洗剤を選ぶときは表示に注意して頂き、

「石けん素地、カリ石けん素地」と表示されているものを選んでいただきたいと思います。

(シルクやウール、カシミヤなどには使えませんのでご注意を)

nuku nukuでは、オーガニックコットンや竹布、麻に使える

洗剤を使わない”洗たくマグちゃん”

水素で洗う洗剤を使わない洗剤。(ややこしい)

この三角の袋の中にはマグネシウムが入っていて、

マグネシウムの粒が水素を発生させ、汚れと臭いを分解し落とします。

洗濯量によって使用個数が変わりますが、洗濯物3kgに対して1個使用します。

毎日のお洗濯で約300日使えます。

役目を終えた後はお庭にまいて。肥料にして。

これなら洗剤のすすぎ残しは無しです。

赤ちゃんの衣類にも使えますので、分けずに一緒にお洗濯できます。

そして、どんな素材にも使えるのが「海へ・・・」

これ1本あれば何でも洗えますので、とても便利です。

もちろんすすぎは一回。

ダウンや、コートも手洗いできます。

それともう一つ大切なことは、直射日光も繊維を傷める原因にもなりますので

陰干ししてくださいね。

こだわって作られた天然繊維。

長く長くご愛用頂けるよう洗剤にも是非こだわってみて下さいね(*^▽^*)

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日についてのお知らせ

6月20日は展示会準備の為休業いたします

営業時間についてのお知らせ

お店からのお知らせ

6/21~26までかんてんぱぱ安曇野店にて出張販売、クネクネくつ下さんのニットの受注会を行います